シェアオフィスとは

シェアオフィスとはシェアードオフィスのことで、簡単にいうとオフィスをシェアして使うという意味です。
細かくいうと、一社だけで一箇所のオフィスを使うのではなく、複数社で一つのオフィスを共有して使うことです。
独立して事業を行うデザイン事務所や弁護士事務所などは以前から盛んに行われており、一定期間の間に複数企業が参加する企画や計画のために行うプロジェクトやレンタルオフィスもシェアオフィスに分類されます。

先に述べたようにシェアオフィスはいくつかの形に分かれています。
アライアンス型は募集をしているケースが多く、勉強会など同業の集まりで告知をしていることもあります。
アライアンスの元々の意味は、複数の異業種企業が互いの利益のために協力しあうことなのですが、この場合は異業種よりしているケースが多く、勉強会など同業の集まりで告知をしていることもあります。
アライアンスの元々の意味は、複数の異業種企業が互いの利益のために協力しあうことなのですが、この場合は異業種より同業種同士が多いのが特徴となっています。

インキュベーション型は起業に関する支援を行う事業者が主体となって行うタイプで、地方公共団体が運営するものと、コンサルタントが運営するものがあります。
プロジェクト型はプロジェクト実施期間中のみ、取り組むためのオフィスで大手企業に多く存在しています。
レンタル型は場所を貸すレンタルオフィス型とサービスだけを提供するバーチャル型が存在しています。